東京でもバイクに乗り続ける!無理なく維持する秘訣をまとめてみた。

東京でもバイクに乗り続ける!無理なく維持する秘訣をまとめてみた。

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:大型バイク

ワークマンの上着があれば傘は必要ないと思ってます、ぺけだい(@pekedai)です。

東京23区でバイクを所持することを諦めてしまう人を多くみてきましたが、どこであろうとバイクを持つことはできます。

東京都内でバイクを所持しながら3度の引越しをした僕が、バイクを所持する際のポイント解説します(^^)

どんなタイプのバイクが所持しやすい?

バイク 種類 都内

東京23区でバイクライフを送りたい、それにはまずバイクの排気量を考慮しましょう。

簡単に言うと排気量の少ないバイクは所持しやすいということです。

原付やミニバイクは保険料や燃費の面で有利。

家賃の高い都内で金銭的な負担が少ないことはもちろん重要です。

ですがそれ以上に意味があります。

それは大家さんの基準をクリアしやすいと言うことです。

僕は以前賃貸情報検索サイトで「バイク置き場あり」の条件に合致した物件に問い合わせをいれ、断られたことがあります。

「大型ですか?750cc?あー、ちょっと無理ですねー。」

っていう(;´д`)

バイク置き場っていうなら一般的なバイクは全部置けて初めて条件載せてほしいですよね!

ライダーの人はお分かりになると思いますが、バイクの大きさって排気量に正比例しないですよね。

中型でもアメリカンの大きいものもあれば、大型でもミドルクラスの軽めのものならそこまで場所は取らないです。

でも乗らない人からすると、大型=でかい=置けない となってしまうわけです。

それが世の中のものさし。

金銭面、大家さんの印象の面でも排気量は小さい方がよいです。

収入とのバランス

バイク お金 都内

金銭面については乗り物たるもの、プラスアルファで出費が発生するのは仕方のないことです。

では実際いくらくらいかかるのでしょうか?

これは正直、人によります。

もう少し詳しくいうと、走行する距離、燃費、保険料が人によってかなり違うからです。

例として新卒時代の僕の例はこんな感じ。

走行距離 : 3000キロ/年 週末にたまに隣県にツーリングに行く程度

燃費 : 街乗り中心で20km/L前後

ガソリンの価格 : レギュラー150円前後(当時)

保険料 : 3000円程度 (歴5年無事故程度の等級)

駐輪場代 : 無料(ラッキー)

月換算 : 4875円

これに車検が2年に1回5〜6万円、都度の高速料金がプラスになる感じです。

この頃は長距離ツーリングが少なく燃費も良かったのでこう見るとそこまでの出費ではないですね。

一方GSX-S1000に乗り換えてからの出費はこう。

走行距離 : 9000キロ/年 週末は基本乗ってる

燃費 : 高速、街乗りで15km/L前後

ガソリンの価格 : ハイオク160円前後

保険料 : 3000円程度 歴8年無事故程度の等級

駐輪場代 : 3000円(ラッキー)

高速代 : 10000円弱

月換算 : 24000円

変動費が大きいので梅雨の時期なんかはガクッと下がりますがこう見るとかなりの差があります。

バイク選びと高速の移動がかなり値段を左右してくることはがわかりますね。

逆に言えばこの辺の要素で維持費はコントロールが効くということです。

駅との距離

バイク 駅近 駐輪場

普段電車通勤の方は駅からなるべく近いところに住みたいはずです。

運動不足解消に何十分も歩いちゃう健全な人はここでは無視します。笑

東京都23区駅徒歩10分以内。

この辺の土地が高くないわけないんですよね。

大家さんの気持ちになってみてください。

バイク置き場3台作るスペースがあるなら少しでも部屋を広げて、あるいは部屋を増やして家賃収入を多くゲットしたいわけです。

このわずかなスペースでもお金を稼ぐチャンスが生まれるのが都心であり、同時にそのためにかなりの初期投資を行なって必死で回収しているのが都心のマンションオーナーなんです。

って考えると必然的に駅近バイク置き場物件は少なくなってきます。

どこを妥協点とするかですが、駅に近づくほど選べる数が減ってしまう傾向にあるということを理解しながら部屋を探すのがポイント。

僕は3度の引越し全て駅徒歩圏内でバイク置き場ありで引っ越せています。

なので諦めなければ物件はありますよ!

まとめ

実際に固定的にかかる費用自体はそこまで多くないので、カスタムや走行量を調節しながら都内で乗り続けることは十分可能です。

東京都心は街と街の距離が近いので、バイクを持っていると実はかなり便利に移動できるんです。

人混みが嫌いな人もバイクを持っていれば避けながら移動することができます。

場所を選ばず1人でも多くのライダーが快適にバイクライフを楽しめることを願っています( ゚ 3゚)!

それではまた次回のASOBIでお会いしましょう( *`ω´)ノ

この記事は私が書きました。

ぺけだい(愛車:SUZUKI GSX-S1000)

川崎市在住 27歳。19歳で免許を取得してからはマジェスティ、エストレヤ、NC750Sと乗り継ぎ、ようやく念願のリッター4発をゲット。博多への弾丸ツーリングを経て名古屋までは隣町であることに気づく。本業はフリーランスエンジニア。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。