簡単キレイに!バイクの純正シールの剥がし方。

簡単キレイに!バイクの純正シールの剥がし方。

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:メンテナンス

シール剥がしに苦戦したぺけかず(@pekekazu_weboon)です。

バイクのタンクに最初から貼ってあるシール、剥がしたいですよね。

んでもって自分の好きなシールで愛車をカスタマイズしたいですよね!

でも爪で剥がそうにも一部が削れるだけでペリッと上手くいかない・・・。

そんな時に役立ったシールの剥がし方をご紹介したいと思います!

簡単キレイサッパリ、ツルピカです。

エーモンのスクレーパー

エーモン シール剥がし スクレーパー

まず用意したのがエーモンのスクレーパーです。

プラスチックのヘラみたいなやつでタンクなどにへばり付いたシールを剥がしやすくしてくれる優れもの。

お値段も500円ほどとお財布に優しい!

しかも4つ入りでお・と・く。

友だちと分け合おう。

シールの端からサクッと

シール剥がし スクレーパー

剥がしたいシールの端からスクレーパーを潜り込ませるように差し込みます。

プラスチック製だからタンクやカウルに傷が付きにくく安心して利用できます。

スクレーパーのサイズ感も持ちやすくてちょうどいい。

ドライヤーで温めると効果的

シール ドライヤー

純正シールはスクレーパーだけでは剥がしにくい。

コンセントがバイクの近くまであるようならドライヤーを使って温めましょう。

粘着性が弱くなって剥がしやすくなります!

脱脂スプレーでピッカピカ

脱脂スプレー シリコンオフ

ドライヤーが利用できない環境の方は塗装前などの脱脂作業で利用する脱脂スプレーを利用しましょう。

糊が溶け剥がしやすくなります。

たくさん種類があったのでとりあえずAmazonで高評価なものを選びました。

こちらはスクレーパーで剥がしたあとに残った糊の除去にも使用します!

剥がしあとはこちら

シールを剥がしたあと

スクレーパーとドライヤーを使って剥がしたあとご覧の通り。

長期間貼ってあったシールを剥がした状態です・・・。

ベッタベタなので脱脂スプレーを使ってキレイにしていきます!

10秒経ったらゴシゴシ

脱脂スプレーで糊を溶かす

糊が残った部分にスプレーして10秒ほど待ちます。

あとはひたすらティッシュやタオルなどでゴシゴシ!

無事にキレイになりました!

バイク タンク シール剥がし

数回、糊の跡にスプレーしてこすってを繰り返しました。

シンナー臭いがキツイのでガレージなどでは換気に気をつけてください。

また石油系溶剤なので肌に触れると荒れたりするので気になる方はゴム手袋必須です。

他のステッカーも剥がす!

GSX-S1000Fのサイド

タンクの他に、カウルに貼ってある車種名のシールも剥がしました。

スクレーパーと脱脂スプレー、優秀すぎます。

まとめ

ご紹介した写真の通り、不要なシールがなくなりすっきり大満足!

この2つがあればステッカーの張替えも容易なので心置きなく色々なステッカーを試せます。

シリコンオフスプレーはステッカーを貼る箇所に事前に吹きかけ脱脂しておくことで、張り付き効果が高まるようです!

バイクのシール剥がしにお困りの方はお試しあれ。

※ご紹介したスクレーパーや脱脂スプレーでタンクが傷ついたり塗装が剥がれたりはしませんでしたが、事前にしっかりとお調べて頂いた上でご使用ください!

それじゃ、また。

この記事は私が書きました。

ぺけかず(愛車:SUZUKI GSX-S1000F)

川崎市在住 34歳。16歳でLive Dio ZXに乗りカスタムしたりする。その後27歳で謎に小型二輪ATを取りアドレスV125で街乗り。2019年、ぺけだいと約束をしてしまい重い腰を上げ普通二輪へ限定解除と大型二輪を2ヶ月間で取得。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。