これだけ抑えておけばOK。最低限の知識で失敗のないバイク選びはこれだ

これだけ抑えておけばOK。最低限の知識で失敗のないバイク選びはこれだ

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:ツーリング

正月にブロック塀に車を擦りました、ぺけだい(@pekedai)です。
バイク欲しいなー、買いたいなー、と思ってる人、集合!
バイク選びに失敗しないための最低限の知識、教えます(゚ω゚)♪

何よりもまずは見た目でしょ

バイク 見た目 かっこいい

バイクに乗ってる時も乗ってない時も自分の目に入ってくるのは外見です。
フォルムや色、ライトやミラーの形状、自分の気に入ったものを持つことがバイクを長く楽しむコツなのは言うまでもないですね。
見た目に関してはネットで調べた段階でも、ある程度のイメージをつけることができるので誰もが必ず基準にするものだと思います。
ヘルメットやグローブ、ジャケットとの組み合わせも含めて考えておくといいですね。

信号待ちでふとショーウィンドウに反射した自分の姿に酔いしれるのも醍醐味の一つですから。笑

とは言えお金がないとね

バイク 値段 安く

バイクに乗りたい人が足止めされる理由のほとんどってここじゃないですかね?
値段なんて安ければ安い方がいいに決まってます。
とはいえ、命を乗せて走るのりものですからね。
ある程度はしっかりしたものが欲しい、そう思うのは当然。
そこで値段が安いものを選ぶときのリスクについてしっかりと把握しておくことが大事です。

値段が安い場合に陥る状況としては
やっぱり買ってすぐにいずれかのパーツにガタがきていて、即交換の必要が生じるということです。
トラブルにみまわれる可能性は値段が下がるにつれて大きくなってきます。(もちろん車両によって個体差はありますが。)
値段が低すぎるものは必ず理由があるのでこの値段以下のものはやめておく、といった線引きが必要かもですね。
またタイヤなどの高価なパーツはあとどれくらいで交換の必要があるのか確認しておくことも大事です。

僕が初めてバイクを買う時の個人的な目安は

250ccクラス → 30万円
400ccクラス → 40万円

のような目安でした。
それ以下のバイクを見る時は慎重に各パーツの状態をバイクショップの店員さんにヒアリングしながら検討していました。その上で多少のリペアー予算を確保した上で購入するのが良いです。

スペックは一番大事

バイク選び 基準 スペック

スペックとは言われても初めてバイクを買う人にとってはバイクの特性のことなんて分からなくて当たり前。
そんな中でも2つ、気にかけたいものあります。

1つ目が最高出力、馬力とか言われる項目です。
メーカーの情報では 最高出力(kW[PS]/rpm) こんな感じで記載してあることが多いかと思います。
誰もが教習車で乗るCB400SFは 41[56]/11,000 となっています。
これは11,000回転エンジンを回しながら走ったときに56PSの馬力がでるぜ、ってことです。
この数字を目安にして、どれくらいの馬力のバイクを買うかということをよーく考える必要があります。

バイクにとってパワーはただ単に速いスピードを出すためのものじゃないんです。
発進時にどれくらいスムーズにスピードが乗ってくるか、車線変更した時に後続車に迷惑をかけない加速ができるか。高速道路の移動時に不可なく長距離を移動できるか。
自分の思い描くシーンを快適に過ごせるだけのパワーがあるかどうかを見極めてからバイクを選ぶようにしましょう。

2つ目がエンジン種類。
エンジンのシリンダーが何個あるかと言うところ。
もっとわかりやすく言うとマフラーの付け根のパイプが何本にわかれているか。
それぞれの特徴はこんな感じです。

エンジンの種類 パイプの本数 燃費 パワー 値段 マフラー音
単気筒 1本 良い 弱い 安い ドッドッドッド…
2気筒 2本 普通 普通 普通 ドドドドドドド…
4気筒 4本 悪い 強い 高い フオォォォォン…

もちろん車種によって違いはありますが傾向としてはこんな感じになります。
ツインは燃費とパワーのバランスがよく尖った特徴は出づらいですが欠点が少ないイメージですね。

マフラー音はエンジンの種類によってかなり差が出ます。
パーツを変えても変化には限界があるのでここの好みは買う前にはっきりさせておくべきですね!

まとめ

最初のバイクを買う時ってよく分からないまま車両を選ばなきゃいけないことがほとんどだと思います。
でもその最初の1台でその後のバイクライフの楽しさがガラッと変わってきますよね。
要点を抑えたバイク選びで最高の趣味を自分のものにできたらいいですよね!

それではまた次回のASOBIでお会いしましょう( *`ω´)ノ

この記事は私が書きました。

ぺけだい(愛車:SUZUKI GSX-S1000)

川崎市在住 27歳。19歳で免許を取得してからはマジェスティ、エストレヤ、NC750Sと乗り継ぎ、ようやく念願のリッター4発をゲット。博多への弾丸ツーリングを経て名古屋までは隣町であることに気づく。本業はフリーランスエンジニア。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。