1番乗りやすい大型バイクはどれだ?NC750Sの魅力を丸裸にする

1番乗りやすい大型バイクはどれだ?NC750Sの魅力を丸裸にする

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:レビュー

定期券を買いそびれて電車賃を無駄にしたぺけだい(@pekedai)です。

最近の大型二輪教習車NC750があらゆる条件を叶えた優秀なバイクだってことをご存知ですか?

今回はその魅力をすべてお伝えしていきます。

教習車としての魅力

バイク 大型 教習所

教習車の車種は正確にはNC750L。

NS750Sを教習向けにアレンジしたようなスペックになっています。(実際は750Sの方が後発なのですが)

シート高がNC750Sよりも20mmほど低く、変速も5段に減っているなど教習に必要な要素を加えたような状態になっていて、一言で言うとめちゃくちゃ乗りやすいです。

何がすごいってセカンドギアが無双状態。笑

大排気量のバイクって一般的には高回転高速域でパワー全開になるような設計になっていて、低速のトルクって弱いイメージですよね。

でもこのバイクは低速のトルクがよく効いていて、特にセカンドギアは地面に張り付くようにしっかりと車体を前へ進めてくれます。

スピードが落ちた時のノッキング(ガガガガ…ってなるやつ)も激しくないので車体のコントロールを失いづらいと感じます。

アクセルを開けるときも急に加速するような感覚もありません。

空冷エンジンに比べて水冷エンジンはアクセルを開けた時のレスポンスが鋭い傾向にありますが、このバイクは教習生を驚かせることもなく、ほんとによくできたバイクだと感心させられました。

僕は教習車に乗った後に実際にNC750Sに3年乗りましたが、教習で感じた通りの扱いやすさを感じながら乗り続けることができました。

大型にしては物足りない?

NC750S 遅い 教習車

750ccといえば一昔前ではネイキッドタイプの最上級クラスの排気量でしたが、このNC750Sは暴れん坊な印象は一切ありませんね。

それゆえに大型デビューの1台としてはもってこいですね。

大きな車体、パワーに少し尻込みしてしまう、でも大型には乗りたい!

そんな人を迎え入れてくれる入門編バイクです。

その反面、乗り慣れてくると少し物足りなさを感じてくるのは否めないです。

なんせこのバイクの2018年モデルの最高出力、つまり馬力は54PS。

なんと同じくHONDAのCB400SFの56PSをわずかに下回っちゃうんです。笑

長距離の移動になってくると大型バイクの安定感を感じることはできるものの、バイク臭さを求めるにはものたりなくなってきてしまうような一面を持っています。

僕が買い替えを決意した理由もやっぱりそこでした。

移動手段としての利便性は抜群なんです。

ナナハンにもかかわらず42km/Lという超低燃費、これもCB400SFよりも10km/L 以上良い性能です。

あとは本来のタンクの位置がメットインになっていると言うMTらしからぬ仕様。

僕はAraiのQuantum J(ごく一般的なフルフェイス)を使っていたのですがすっぽりおさまっていました。

もちろん荷物を入れることもできます。

そんなバイクのロマンよりもどちらかというと移動手段としての優秀さを優先したバイクということもあり、ガチ勢ライダーには飽きられてしまう傾向にあるようです。。

大型デビューにはもってこいの1台

NC750S 大型 初心者

乗りやすさとしての魅力はここまでも書いてきましたが、このバイクが大型の入門にぴったりなのにはもう一つ理由があります。

それはその値段です。

ナナハンクラスの車両でありながら税抜き70万円を割ってくるという気合の入りっぷり。

中古なら30万円台も探せる夢のようなバイクなんです。

僕が購入した時も3000キロ程度の走行距離で乗り出し50万を切っていました。

大型免許を取得してお財布が寂しくなっている状態でもなんとか購入に踏み切ることができる値段なんです。

教習車と同じで扱い慣れている。

パワーも程よく操作性も抜群。

収納スペースを犠牲にしないためライトユーザにも敷居が低い

値段が低く気軽に大型にトライするにはちょうどいい

これだけの条件が揃っている大型のバイクってほんと少ないです。

僕自身もいずれはステップアップしたいという思いを抱えていました。

しかし当時の状況では維持費や利用シーンを加味するとNCという選択が大型バイクに乗るという夢を叶えながら次を据えることの出来る唯一の手段だったんです。

まとめ

大型バイクというとどうしても維持費や初期費用が膨大で諦めてしまうという人も多いと思います。

でも利便性とコストを捨てずに楽しむ方法があるということなんです。

バイクって選び方、乗り方によっていろんなスタイルがあります。

ハードルの少ない大型としてNCが活躍することを祈ってます!

それではまた次回のASOBIでお会いしましょう( *`ω´)ノ

この記事は私が書きました。

ぺけだい(愛車:SUZUKI GSX-S1000)

川崎市在住 27歳。19歳で免許を取得してからはマジェスティ、エストレヤ、NC750Sと乗り継ぎ、ようやく念願のリッター4発をゲット。博多への弾丸ツーリングを経て名古屋までは隣町であることに気づく。本業はフリーランスエンジニア。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。