未経験者がモトブログに挑戦した話を聞いてほしい

未経験者がモトブログに挑戦した話を聞いてほしい

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:コラム

こんにちは!٩( ‘ω’ )و
梅雨の季節はやっぱりバイク乗りには辛い季節ですね…
ぺけたく(@peketaku)です。

【シル】まずは必要なものを知る・集める

考える
・アクションカメラ
 今回は定番のGoPro。
スマホでも撮れることは撮れますが、撮影時の揺れや風切り音など外的な要因を
考えるとアクションカメラを選択するのが無難な選択だと思います。
(初期投資は少しかさみますが…)

・カメラのマウント用のパーツ
撮影にあたって必須アイテム。
カメラを固定するためのものです。

 ・ヘルメット
 ・ミラー
 ・タンク
 ・タンデムステップ
 ・タンデムシート

色々な場所にカメラを取り付けることができるので
バイクならではのより臨場感の高い動画が撮影できます。

私の場合はまずヘルメットにマウントしてみることにしました。
ですが..ヘルメットにマウントするだけでも何パターンかあります。

マウントパーツとヘルメットの接地部分を強力なシールで貼り付け固定するタイプが多いです。
場所は顎、耳のあたりの側面、脳天あたりの頭上。と何箇所かあります。

ここであることを思い出しました。

マウントとヘルメットの接地部分のシールの粘着力が弱まって走行中に落下してしまった..という話を友人から聞いたので
今回はストラップで顎の部分に括るタイプにしました。

(然るべき機関に連絡済みで事故等のトラブルは発生しておりませんとのこと。よかった。)

付け方は至って簡単です。
これで落ちないという保証はないので使用前に状態は確認するようにしましょう…笑

・編集用のソフト
 
 編集用のソフトに関しても調べるとたくさん出てきます。
無料のお手軽なものからプロ仕様の有料ソフトまでさまざまです。

 どれほど凝ったものを作りたいかで選択肢がいくつか絞られてくると思います。
凝ったエフェクトは特に使わずに走行シーンを切って繋ぎ合わせて動画を構成していく程度であればフリーのソフトで問題ありません。

 GoProですと公式のアプリで編集ソフトも出ていたりします。
スマホで完結するのでPCいらずだったりします
本記事ではPCでの作業を前提に話をすすめます。
https://www.tajima-motor.com/gopro/goproapp/index.html

 私はとりあえず形から入りたかったので思い切って有料のソフト(Premiere Pro)を購入笑

 今はYouTubeなどで入門者向けに基本操作をレクチャーしてくれる動画が無料で配信されていたりするので
 それを漁りつつ実際に操作してなんとなく覚えていきました。

・筆者が触った感想
Premiere Pro
Adobe社製の本格編集ソフトです。
YouTuberやクリエイター御用達のプロ向けのソフトでもある故に多機能。
一朝一夕でマスターすることは難しいので少しづつ触りながら覚えていきましょう。

【ソナエル】準備をする

準備
 さぁ、いよいよ撮影です!!
 …とその前に準備(大事)

 (※これ以降は筆者の撮影環境の都合上GoPro寄りの話になる部分がなりますので、ご了承ください。)
 撮影以前に安全に走行して帰ってくることが最も大事ですので
これらのチェックは走行中焦らず安全に撮影することにもつながります。
【撮影編】
* カメラのマウントの安定感は十分か
* 配線類が露出しすぎていないか(走行中絡まったら危険です)
* カメラのバッテリーの充電・予備はあるか
* 撮影に集中するため走行ルートをできるだけ頭に入れておく
* バイクを路肩に停車できそうな時も周りの通行する方への配慮を忘れずに
【安全編】
* 夜間走行時はクリアシールド推奨
* ライディング用のジャケット・パンツ推奨

とこんな感じでいくつかあげましたが、撮影だけではなく安全面ももちろん重要ですので
出かける前に必ずチェックをしましょう。

【ハシル】撮りに出かける・走る

バイク 走行

 編集次第でいかようにもなるという極論を前提にして話を進めます。

 私のような撮影・編集初心者にとって撮影時のロケーションは重要です。かなり重要です。

 言うならばバイクに乗る前にその日の天気予報を自室で確認した段階で
取れ高は決まってしまうと言っても過言ではありません..笑

 私が実際に走って撮影してみて思ったこと、大事だと思ったことを端的にまとめます。

①天気
②景色(ロケーション)
③音

私自身バイクの動画、走行動画をよくみるのですが自分が視聴者目線に立って
みていて「いいな」と思う動画の要素を抽出してみるとこの3点でした。

 ①天気
 これは運です。どうすることもできません笑

 私の場合平日は仕事をしている手前バイクで走るとしても早朝もしくは夜になります。
 自然と撮影をするのは週末になってしまうので…ここは運次第ですね(笑)

 GoProに関して言うと夜間の撮影でもとても綺麗に撮ってくれるのですが
 やはり昼間の撮影に比べると細かいノイズだったり明るさだったり気になる部分があります。

 晴れ(明るい)れば晴れるほどやはり綺麗に撮れます(当たり前ですね笑)

 ②景色(ロケーション)
 視聴者としてはどうしてもここは求めがちです。

 モトブログではない自分用の動画であれば気にする必要はありませんが
 観てくれる人がいるという前提で考えた時にはどうしても外せない条件になります。

 海・山・自然・都会のネオン・ご当地観光スポット・夜景・共感を得やすい日常の風景(通勤)…

どこに住んでいても必ずバイク映えするスポットはあると思いますので調べてみましょう。
撮影を口実に色々なスポットを知るきっかけになるというのもありがたいポイントです。笑

【カクニン】パソコンに取り込む・確認する

バイクスクリーン
 撮影した映像を取り込んで確認してみましょう。

 ここで気になるのが動画ファイルの容量です。
 動画ファイルはかなり大きいサイズになることが一般的なので
 パソコンのストレージの空き容量をかなり消費してしまいます。

 事前に空き容量を確認するか、Googleドライブなどのクラウドタイプののストレージを検討しましょう。
 ※外付けのハードディスクドライブなどを購入するもの手かもしれません。

 取り込んだ動画を再生してみると、意外と不要なカットが多かったり、カメラの向きがイメージ違うことがあります。
 編集ではどうにもならない部分もあるのでこの辺はトライアンドエラーで慣れていきましょう。

GoProの場合撮影中にプレビュー画面をスマホで移すことができるのですが、走行中にスマホを
注視するのは危険ですので信号待ちに確認するなど利用する際は注意しましょう。

【ツクル】編集する

パソコン作業
 いよいよ本番です。
編集に関してはこの記事だけではとても書ききれませんし、他にもっと丁寧に説明してくださっているコンテンツがありますので
技術的な部分はそちらにお任せしましょう。

ここでは初心者が動画を編集してみた際の感想を…

「大変」一言で言うとこれにつきますね笑
なんかこれをみてくださっている方のやる気を削いでしまうかもしれませんが、正直なところこの言葉が浮かびました。

何気なくYouTubeで目にする動画などの裏側を知ることになるので面白さはありますが
その分作者の苦労が伺えます。

とはいえ編集(ものづくり)は楽しいものです。

自分だけのオリジナルな作品を作るようなものですから完成に近づくにつれてワクワクは高まります。

最初は凝った編集などに執着せず、シーンを切り取ってつなぎ合わせるだけでも十分だと思います。
そして動画をさらにパワーアップさせる要素としてBGMや効果音があります。

これは無料でも素晴らしいクオリティのものがたくさんあるので
ありがたく使わせてもらいましょう。

## おわりに
いかがでしたでしょうか。
長々と書いてきてしまいましたが、初心者が0からモトブログに挑戦してみた
一部始終を記事にしてみました。

モトブログを始める際の参考に少しでも慣れたら嬉しいです。

次の記事がありません。

この記事は私が書きました。

ぺけたく(愛車:YAMAHA YZF-R6)

川崎市在住の27歳。ヤマハを愛するWEBoon一の新米ライダー。バイクの中でもスーパースポーツやストファイを特に好む。24時間バイクに乗っていたい。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。