【大型二輪】豪雨で見極め。教習は教官によってめちゃくちゃ左右される説

【大型二輪】豪雨で見極め。教習は教官によってめちゃくちゃ左右される説

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:コラム

BoonBoon、Hello World!
どーも、バイク納車までの教習が焦ったいぺけたろう(@peketaro)です!

今回は豪雨の中で第一段階の見極めを受けてきました!
教習所って本当に教官によって左右されますよね。

豪雨の教習

二輪 待合室
18歳の頃に初めて普通自動車免許を取り、その流れで普通二輪免許を取得しました。
今回の大型二輪教習は約10年ぶりの教習所となったのですが人生で3回教習所に行っていて雨に降られたことがほとんどなかったぺけたろう。
(小雨ぐらいはあったかな(笑))

この日の天気予報は、雨。
第一段階の見極め。

よりによって予約を入れた午前中だけが雨という不運っぷり。(卒検じゃなくてよかった。)
コレも練習だと思えばありがたいチャンスなのかもしれませんけどねー。

慣らしの外周で豪雨

二輪待合室でレインジャケットやらプロテクターやら準備していると突然「ゴォー!」

「ザー」じゃなくて「ゴォー!」

いきなり頑張り始めたエアコンじゃないかと思うぐらいの轟音でした(笑)

スマホを見るとこんなプッシュ通知が。
プッシュ通知 天気
10分で10mm/hも修正されとる!

そんな中で教官が「いやー雨ヤバいですねぇ。でもまぁ仕方ないですねぇ。はい、鍵。」

(行くんかーい!)

でも今日見極めを通過しないと色々と今後の予定が狂う。

そして滝行のような状態でエンジンスタート。
まじつらい。ガチ修行。

序盤の外周3周は慣らし含めてコースを覚えるために教官の後をついていくのですがまじつらい。笑

坂道でまさかのエンスト

全く気が乗らないままスタートしたのですが、1周目の坂道でまさかのエンスト

これ慣らしの外周終わったら見極め終了なモチベーションじゃん。

そんな思いに追い討ちをかけるように雨が強まります。
泣きっ面に蜂とはこのこと。

ぐだぐだな手順

ウィンカー出して3秒後に後方確認!
教習所ではおまじないの如く刷り込まれますよね。

しかし殴りつける強い雨に秒数なんて数える気力も失せてぐだぐだな進路寄せ。

その後の急制動では、雨の日限定の3本目のラインを余裕で超える始末。
制限時間7秒のスラロームは8秒もかかる始末。

最悪のまま教習終了っす。
早くあったかいコーヒーが飲みたい。それだけ。

神コメント発動

神々しい 天気
待合室で教習簿を見ながら軽くこの時間の振り返り。

(あーあ。追加料金かなぁ。)
(バイク契約した直後に無駄な出費したくないなぁ。)

と思った次の瞬間!!!
そんな重い気分を教官の一言が快晴に変えます。

見極めの結果

第一段階 最後
教官「中免持ってるし、大丈夫でしょ!見極めは通過で(^^)第二段階は雨降らないといいね(笑)」
ぺけたろう「へ!?」

(中免持ってるから?何そのサービス精神の塊)
(え、だっておれの走り見てた?)

ぺけたろうのグダグダ一覧

ぐだぐだな項目 ぐだぐだな内容
慣らし外周の坂道 1回の坂で2回エンスト
方向指示 30m手前ガン無視
進路寄せ 方向指示からの3秒ガン無視
急制動 3本目のラインは余裕で超過
スラローム 7秒の制限を8秒中盤で通過

そうか。なるほど。
見極めって、豪雨の中で「帰りたい」「あったかいコーヒーが飲みたい」とか言い出さない根性を見極めていたのか!笑笑笑

いやーでも転倒しなくてよかった!笑

まとめ

ぺけたろうの主観ばかり書きましたけど教官も極寒だったはず。
この結果を甘いと見るかどうかは置いておいて、頑張った分、教官の優しみ成分に触れて感動してしまったぺけたろうでした。

次からは第二段階です!
あと6回!
この教習所でよかった←

ではまた!
BoonBoon┏(`ー´┏)~

この記事は私が書きました。

ぺけたろう(愛車:HONDA スーパーカブ110)

大学時代、バイクブロスという雑誌で一目惚れした「HONDA GB250クラブマン」を購入するも、車に左から突っ込まれ、人生初の人身事故&救急車そして廃車。現在はカブに乗りつつ、KAWASAKI W800の購入を目標としている。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。