ま、まぶしー!GSX-S1000FのヘッドライトをLEDに交換してみた!

ま、まぶしー!GSX-S1000FのヘッドライトをLEDに交換してみた!

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:カスタム

どうも、ぺけかず(@pekekazu)です。

ミラーシールドだと夜は暗くてみえねぇ!!

という方、いると思います。

僕もそう。

で、やっちゃいました。ヘッドライトのLED化!

素人ながらGSX-S1000Fの両目を明るくまばゆい光へと変えてあげた!

くそー、こんなに明るいならもっと早くやっておけばよかった。

GSX-S1000FのヘッドライトをLEDに交換

GSX-S1000F LEDヘッドライト Amazon

まずは取り付けるLEDの調達から。

どうやらヘッドライトには色々と型があるようで、GSX-S1000FはH7というものが適合するらしい。

鉛筆の硬さみたい。

で、Amazonで色々物色して評価件数が多くて明るそうなこちらを購入!

耐久性とかは使ってみないとわからんけど、安いから出たとこ勝負!

サイドカウルを外す

GSX-S1000F サイドカウル外す

LEDを手元に用意し取り付け開始です。

GSX-S1000Fのヘッドライトを交換するにはサイドカウルを外す必要がありました。

フルカウルの宿命でしょうか・・・この作業が一番時間かかった気がする。

外すときにちょっとやらかしちゃったんですが・・・詳細はYoutubeで。

ちゃんと下に布かなにか敷いておかないとダメですね!

ヘッドライトカウルを外す

GSX-S1000F ヘッドライトカウル

続いてヘッドライトカウルを外します!

メーターの配線を外すのに苦労しましたがようやく交換可能な状態に!

防水カバーを外す

GSX-S1000F ヘッドライトの防水カバー

交換するにはまず防水カバーを外します。

ネジと一緒で反時計回りにグリッと回せば外れます。

が!

LEDに交換することで純正の防水カバーは閉まらず使えなくなります。

邪魔にならない上部へ避け、結束バンドなどで止めておきましょう。

代替として汎用品の防水カバーを事前に用意しておくことをおすすめします。

でないと、僕みたいに取り付けたときに気づくことに・・・。

コンセントみたいなやつを外す

キャップを取るとハロゲンバルブが見えてきます。

コンセントみたいなやつが刺さっているのでこれを抜いて、留め具を外せば取り外し可能です。

付属の台座を設定

GSX-S1000F ハロゲンバルブ取り出し

次にLEDヘッドライトに付属されていた台座を取り付け。

出っ張っている方が上向きになるように設置。

そして留め具で固定です。

LEDライトをぶっ刺す

そしてLEDヘッドライトの取り付け!

取り付ける際は向きが決まっているらしいの説明書をよく読んで取り付けましょう。

点灯試験

GSX-S1000F LED眩しい

両目にLEDを取り付けたらこの時点で試験!

無事に一発でつきましたー!

それにしても明るい。ただただ明るい。

問題なければカウルをもとに戻し作業完了!

いやー疲れた。

2時間くらいやってました。

どれくらい変わるかな

GSX-S1000F LEDロービーム

取り付け後日、暗い道で撮影しました。

こちらがロービームの状態。

おったまげるくらい明るいです。

6000lmは伊達じゃない・・・。

こちらがハイビーム。

100mくらい先までしっかりと光が届いてました。

文句なし。

取り付けてよかったー!

まとめ

購入したLEDは車検対応と説明書きがありましたが、実際のところ通るかはわかりません。

耐久性など含めて不明点が多いのでなにかあればこの記事に追記していきたいと思います。

明るさだけで言えば大満足の品でした!

ミラーシールドの視認性があがり一安心。

ではでは!

この記事は私が書きました。

ぺけかず(愛車:SUZUKI GSX-S1000F)

川崎市在住 34歳。16歳でLive Dio ZXに乗りカスタムしたりする。その後27歳で謎に小型二輪ATを取りアドレスV125で街乗り。2019年、ぺけだいと約束をしてしまい重い腰を上げ普通二輪へ限定解除と大型二輪を2ヶ月間で取得。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。