簡単ドレスアップ!GSX-S1000Fのバーエンドを交換!

簡単ドレスアップ!GSX-S1000Fのバーエンドを交換!

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:カスタム

どうも!ぺけかず(@pekekazu)です。

ずーーーっとやろうと思っていたお手軽カスタム。

バーエンドを交換しました!

比較的安価で簡単にドレスアップできるのでおすすめです。

ポッシュのバーエンドを取付

GSX-S1000F バーエンド交換 取り外し

まずは純正のバーエンドを外していきます。

GSX-S1000Fはプラスネジで止まっていたのでドライバーで外すっ!

ただこの時に注意しなくてはいけない点が一つ。

ネジを回しすぎないように!

です。

奥の方で止まっているナットまで外れちゃうとハンドル内部で部品がバラバラになって救出が大変・・・。

少しずつ緩めて引っ張りながらを繰り返してスポッと取り外しましょう。

純正と比較

GSX-S1000F バーエンド交換 純正との比較

購入したポッシュのバーエンドと純正のバーエンドを比較。

ポッシュのバーエンドはGSX-S1000F専用ではなく汎用品でしたのでボルトが短くなっています。

これではGSX-S1000Fに取り付けられなそうなので、バーエンド以外の部品は純正を流用することにしました!

純正と同じように部品を組み立て

GSX-S1000F バーエンド交換 ボルト取付

長いボルトを交換するポッシュのバーエンドに通して、純正に取り付けられていた順番に部品を組み込みます。

スペーサー、ラバー、スペーサー、シャフト、スペーサー、ラバー、ナットの順番です。

あっという間に完了

GSX-S1000F バーエンド交換 完了

組み立てた部品はボルトを緩く締め、ハンドルへ装着。

そして本締めをします。

これで作業完了!

早い。簡単。素敵。

あっという間です。

まとめ

サクッと10分もあれば両側を交換可能です。

お手軽にドレスアップできました!

純正品を使えばどのバーエンドでも対応できそうです。

比較的安価なパーツですのでぜひチャレンジしてみてください!

ではでは!

この記事は私が書きました。

ぺけかず(愛車:SUZUKI GSX-S1000F)

川崎市在住 34歳。16歳でLive Dio ZXに乗りカスタムしたりする。その後27歳で謎に小型二輪ATを取りアドレスV125で街乗り。2019年、ぺけだいと約束をしてしまい重い腰を上げ普通二輪へ限定解除と大型二輪を2ヶ月間で取得。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。