【元オーナーが語る】男がエストレヤに乗ってもいいの?いや何が悪い!

【元オーナーが語る】男がエストレヤに乗ってもいいの?いや何が悪い!

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:愛車

BoonBoon、Hello World!
どーもW650のぺけたろう(@peketaro)です!

今回はエストレヤの元オーナーが自己満で魅力を紹介しようと思うのですが、女性にも人気のこのバイク。男が乗っても様になるかどうかについてです。
結論から言わせていただくと、なります!

エストレヤとは

駐車場 エストレヤ
カワサキの250cc。
スピードよりもデザインを重視して造られたこのバイク。
細かいスペックはこちらをどうぞ。

【250cc】エストレヤのデザインに惚れ込んだ元オーナーの実体験

その人にとってバイクらしいって違いますよね?
スピードにものを言わせて爽快感を得ることができるバイクもあれば、走りはもちろん「いじってる」時にバイクらしさを感じるものもあります。
またはその壊れやすさをバイクらしいと表現する人もいます。

僕が思っていたバイクらしいは少しマニアックですが、乗っている姿・乗られているバイク・吐き出す音(排気音)がノスタルジックだけど美しい感じです。

分かりますかね?
いや分からなくて結構なのです。バイクなんて自己満ですから笑

エストレヤって造形がとても綺麗なんですよ。
それでいてどこか古めかしい英国チックなデザインだったりもします。

直立エンジンからスッと伸びるエキパイだったり、それが太陽で照らされて眩しいぐらいに光る姿はもう最高なわけです。

ちなみに名前の由来はスペイン語の星
もうベタ惚れでした。

当時は星ということもあり黒と黄色を探していたのですがたまたま地元のバイク屋で発見したので即契約。
納車された帰り道は至福の時間でした。

女性に人気のバイク

女性 エストレヤ 森
そんなエストレヤですが女性にもかなり人気があります。
デザインはもちろん、足つきや取り回しが女性でも苦ではないのです。

重心が低く低速のパワーもあるバイク。
安心して余裕をライディングを楽しみたい人にとってうってつけのバイクなのです。

確かにタンクやエンジンに丸みがあるので全体的に女性っぽさがあります。
美しい曲線美というかなんというか。

バイク乗りの人がたまに使っている言葉を拝借するとエロいんですよ。

男が乗ってもいいじゃないか

だからと言って男が乗ってはいけないのか?似合わないのか?と言われるとそうでもないと思っています。
現に乗ってましたしね。むしろ真逆の回答です。

不思議なもので女性が乗ると女性っぽいバイクに見えて、男が乗るとたちまち渋くなるんですよ。(そう思ってるの俺だけかな笑)

これは完全に主観ですけど、エストレヤはバイクの危なさや楽しさを感じ終わって1周回った「バイクをわかっている大人ライダー」に好まれている感じがします。

なので僕はしょっぱなからエストレヤを選んでいたのでバイクをわかっていたということですね←
そんなこと言っときながら大学生の時に金欠で手放してしまったのはここだけの話。
バイク王 エストレヤ

周りの全てを楽しめる

田んぼ エストレヤ
このバイクのインプレッションですが、乗っているときに全てを楽しめるんですよね。
どういうことかというと、このバイクはスピードが出ないんです。いい意味で。

ゆえにバイクの鼓動が小刻みにトコトコ体に響きます。心地いい単気筒の振動です。

流れる景色はゆっくりなのでよそ見は禁物ですが、都会を走っても田舎を走ってものんびりとその空気や風景を感じることができます。

また走りに余裕があるのでバイクに乗っている自分を客観的に感じながら走行するときの悦に浸れる感覚は最高なわけです。

バイクをわかっている大人がバイクを楽しむ感覚を、若輩ながらも感覚で掴みたかった大学時代。
スポーティーよりもクラシックなスタイルが好きだった僕にとってはエストレヤのおかげで今もバイクライフを楽しめています。

ステップアップバイクといわれるWシリーズ

納車 W650 千葉フォルニア
月日は流れ、、、妻も子供もできた今日この頃です。
そんな僕が乗っているバイクは同じくカワサキのW650。

そうです。
エストレヤのステップアップバイクと呼ばれる大型バイクです。
カワサキのこの手のバイクを知らない人から見たら、ぱっと見同じようなバイクです笑

何が違うかというと、排気量は大型なのでもちろんですがWだけにマフラーが2本だったりベベルギアなるものがついていたり。
色々とボリュームアップしています。

エストレヤにもう一度乗らなかった理由は、単純に周りの仲間が大型だったからというのもありますしエストレヤに乗っていた頃から「いつかWシリーズ」に乗りたいなぁとも思っていたからです。

W800を選ばなかった理由としては、ここでも使ってしまいますがバイクらしさをW650の方により強く感じたからですかね。

キャブ車であること、キックスタートもついていること。
最先端ではない古めかしい感じに惹かれたというところです。

まとめ

エストレヤは男が乗っても様になるのか!?

はい。なります。

革ジャン着て、ジェッペルやハンヘル被って50km/hぐらいでトコトコ言わせる楽しさは、乗った人でなければ分かりません。

ちなみに親戚がYAMAHAのSRに乗っていたのですがやはり似て非なるものがあります。
僕は上記の理由で完全にエストレヤ押しですが。

ということで自己満なエストレヤの記事でした!
ではでは!

この記事は私が書きました。

ぺけたろう(愛車:HONDA スーパーカブ110)

大学時代、バイクブロスという雑誌で一目惚れした「HONDA GB250クラブマン」を購入するも、車に左から突っ込まれ、人生初の人身事故&救急車そして廃車。現在はカブに乗りつつ、KAWASAKI W800の購入を目標としている。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。