バイクを降りてもたのしい。江ノ島をライダー目線でご紹介。

バイクを降りてもたのしい。江ノ島をライダー目線でご紹介。

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:コラム

こんにちは!٩( ‘ω’ )و
少しだけ暖かい日の訪れに心躍っているぺけたく(@peketaku)です。

今回はグルメ、絶景、お散歩、いろいろなニーズに答えてくれるスポット、江ノ島。

多くの人は電車で訪れる場所ですが今回はライダー目線半分・観光目線半分で
江ノ島をご紹介していきます。

江ノ島ってどんなところ?

江ノ島から眺め
まず江ノ島について軽くおさらいしましょう。
江ノ島は神奈川県藤沢市に位置し湘南海岸に浮かぶ小島です。

都内からでも2時間かからないくらいの場所に位置しているので
人気のお出かけスポットの一つでもあります。

ライダーに優しい。


なぜ優しいの?
1点目:駐車場に困らない
比較的訪れる人が多い土日でも駐車場に困ることがほぼありません。

場所の詳細は割愛しますが江ノ島にはバイク専用の駐車場から車・バイク共通の大きな駐車場まで
点在しているので駐車には困りません。

電車で訪れる人の方がやはり多数派ってことなんですかね。

2点目:いろんなバイクが見れる!
県内をはじめ都内の人でも比較的さくっとこれて綺麗な景色を楽しめるので
ライダーに人気があるのも事実。それなりにライダーたちのバイクがとまっています。

コーヒーで一息つきながら往来するバイクを眺める。
割と1人で江ノ島に訪れることもあるぺけたく流の楽しみ方です笑

いろいろな出会いがある。

風化したセロー
僕が江ノ島が好きなもう一つの理由は、「バイクを降りても楽しい」というところにもあります。
(もともと大人気のスポットなので何言ってんの?というツッコミはしないでください笑)

島の内部を食べ歩きや島の歴史に触れながら散策することができます。

↑の写真は道中にて見つけた風化したセローさん。
このくらいであれば大地の結晶60個ほどで新車になります。

…(´・∀・`)

ただ、散策する時のちょっとした注意点。
江ノ島を歩くとなると階段や割とアップダウンの激しい道を歩くことになります。

「靴」

バイクを乗る際は専用のブーツを履いている人も多いかと思います。
夏は特にですが歩きやすいスニーカーも一緒に持っていると散策も存分に楽しめるかも知れないですね。

(※エスカーという有料のエスカレーターもあったりします。)

もう少し海辺を走りたい!

茅ヶ崎の海とバイク
もう少し海辺を走りたい!という方も江ノ島からであれば茅ヶ崎方面に
伸びる国道134号線を走れば海風を感じながら楽しむことができます。

まとめ

江ノ島の海とヒトデ

これまで紹介してきた江ノ島ですが、ツーリングのゴール地点としてはもちろん、バイクを降りてからも
楽しいスポットとしてとてもおすすめです!

他にもライダー目線でお出かけスポットを再発見していきたいです。

それではまた!ぺけたくでした٩( ‘ω’ )و

この記事は私が書きました。

ぺけたく(愛車:YAMAHA YZF-R6)

川崎市在住の27歳。ヤマハを愛するWEBoon一の新米ライダー。バイクの中でもスーパースポーツやストファイを特に好む。24時間バイクに乗っていたい。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。