【レザー】クラシックなバイクに合わせるRIDEZのグローブ

【レザー】クラシックなバイクに合わせるRIDEZのグローブ

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:レビュー

BoonBoon、Hello World!
どーもW650納車直後のぺけたろう(@peketaro)です!

今回は素敵なレザーグローブに出会えたので紹介したい思います。
レザーの香り、最高。

W650が納車されました!

納車 桜 W650
ついにKWASAKIのW650が納車され、今までのグローブとはお別れ。
(バイクに乗っていなかった期間も含めると)かれこれ10年選手。

これまではHONDAのスーパーカブ110に乗っていたのですがファッション性よりも利便性を重視してしまっていたためウレタン系の防寒暴風グローブでした。
カワサキのWシリーズはクラシカルなデザインなのでそれに合ったレザーのグローブを探すことに。
そう、そろそろおっさんになりそうな年齢ですがお洒落に目覚めたのです。

機能面もしっかり確認

事故 バイク
バイク用品は全体的に安全面や機能面が考慮されたアイテムが揃っていますがグローブなんてのはヘルメットに次いでまさにその代表格ですよね。
デザインもそうなのですが機能面もしっかり見ておきたいところ。

バイクグローブで特徴的なのはやはりプロテクターの有無。
万一のことは想像したくないですがしなければならないのがこの遊びを楽しむための重要なポイントです。

  • 関節部分の保護
  • 手のひらの保護
  • 指先の保護

この部分はもし転倒した時に怪我をしやすい部分。
しっかり保護されているのといないのとでは走行時の安心感も違います。

快適性

レザー グローブ パンチング加工
全体にパンチング加工が施されているため通気性は抜群!
ということは、夏は快適。冬は極寒。ですね。
冬はちゃんとした装備します(笑)
レザー グローブ 手のひら
レザー グローブ 手のひら

この加工のお陰で指を曲げる(ハンドルを掴む)動作が楽ですね。
牛レザーでもともと柔らかいのですがフィット感も最高です。

装着した感じ

レザー グローブ 装着

走行距離400kmぐらいで手の甲が黒ずむ!?

納車からの走行距離が400kmに行かないぐらいで関節部分は排気ガスでやや黒ずみます。
おそらく長距離の高速道路を走ったからかな。

硬く絞った布で拭きとれば大丈夫です。
レザー製品なので定期的なメンテナンスはしっかりしていきたいと思います。

W650納車直後のツーリングが最高だった

フィット感は抜群です。

あとは、動画撮影で画面に映り込む時の雰囲気です。
こんなことばっかり気にしてると事故るぞって声が聞こえてきそうですが、ぺけたろう的に少し拘りたいポイントなのです。

メッキで光り輝くハンドルとミラー。
そこに映り込むレザーグローブ。
あーもうこれだけでご飯3杯いける。

まとめ

レトロなバイクにはレザーグローブ!
勝手なイメージですが自分がしっくりくるグローブに出会えてよかったです(^^)

これから装着し続けていく中で思うことがあればまた書きたいと思います!

この記事は私が書きました。

ぺけたろう(愛車:HONDA スーパーカブ110)

大学時代、バイクブロスという雑誌で一目惚れした「HONDA GB250クラブマン」を購入するも、車に左から突っ込まれ、人生初の人身事故&救急車そして廃車。現在はカブに乗りつつ、KAWASAKI W800の購入を目標としている。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。