【中華モンキー】部品交換で直面、全ての交換パーツが使えるわけではない?

【中華モンキー】部品交換で直面、全ての交換パーツが使えるわけではない?

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:カスタム

消毒しすぎで手がぱさぱさになりました、ぺけだい(@pekedai)です。

中華モンキーメンテナンス中にネジの締めすぎで壊れてしまったシリンダーのサイドカバーを書いなおした件について考察を書いていきたいと思います。

ネジの締めすぎはよくない

中華モンキー

トルク管理を行わず、とにかく強い締め付けを行っていた僕は、シリンダーのサイドカバーのねじ穴を破壊してしまいました。

きつく締めればいいってもんじゃないってことをこのとき初めて学びました。

すぐに国産パーツメーカーのL側サイドカバーを買いなおします。

今度はしっかりとトルク管理をして丁寧に取り付けます(^_^)

中華モンキーは壊れやすいからやめた方がいい?

そんなん国産の部品買うだけじゃーん余裕余裕♪

正直そんなふうに思っていた部分もありましたね。笑

キックペダルが動かない!?

中華モンキー

今度はキックペダルが動かない。。

サイドカバーを付けただけで特に何も作業をしていなかったので犯人は明らかにシリンダーのサイドカバー。

試しにサイドカバーを外してみます。

もう一回キック。

ドゥルン。

普通に動く(´・ω・`;)

形状としては元からついていたものと大差ないのですが、規程トルクで締めたときにカムスプロケットの動きをカバーが止めてしまっているようです。

そんなことあるー?

と思いながらも事実そうなってるんだから仕方ない。。

それでも中華モンキーを貫く理由

中華モンキー,故障

毎回毎回中華モンキーの難しさには手を焼いております。

新車で買ったのに直してる時間の方が圧倒的に長い。

でも僕は結構満足しています(`・∀・´)

それはバイクの構造と向き合いながらレベルアップしていくのが楽しいから!

ただの移動手段としてならはっきり言って中華モンキーなんか選ぶものではないです。

だって乗りたいときに乗れないかもしれないんだから。笑

バイクの仕組みを理解したい、バイクに自分の手を入れてオリジナリティーを出したい。

そんな気持ちから、自分だけにしかできないバイクライフを送るために中華モンキーをいじり続けるんです。

まとめ

そろそろ走ってもらわないと困るのですが、なかなか正常な状態には戻りません。

とはいえ、今スムーズにことが運ばないのは僕の経験値が圧倒的に浅いからで、問題解決をスピードアップさせていくのが醍醐味だと思ってます。

意味不明だった部品名も少しずつ覚えてきているので、もっともっと知識を深めて壊れてもすぐに立ち直る中華モンキーを作っていきたいです!

今回の記事の動画はこちら。

是非見てみてくださいp(^_^)q

この記事は私が書きました。

ぺけだい(愛車:SUZUKI GSX-S1000)

川崎市在住 27歳。19歳で免許を取得してからはマジェスティ、エストレヤ、NC750Sと乗り継ぎ、ようやく念願のリッター4発をゲット。博多への弾丸ツーリングを経て名古屋までは隣町であることに気づく。本業はフリーランスエンジニア。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。