君の名は!?バイク置場の屋根に最適なオーニングがほしい!

君の名は!?バイク置場の屋根に最適なオーニングがほしい!

執筆者:
投稿日:
更新日:
カテゴリー:コラム

BoonBoon、Hello World!
どーも、W650の納車を日々妄想しているぺけたろう(@peketaro)です!

戸建てあるある

カスタム 工事 戸建

カスタムしたくなる

夢の一戸建てのマイホーム。
いやいや、利便性の高いマンション。

戸建vsマンションなんて論争があるぐらい日本での価値観は二分してますけど、それぞれメリット&デメリットがあります。

マンションに関して言うと既存の設備と管理をお金で買うことで生活を満たしていきますが、戸建に関してはその真逆。
アレンジ・カスタムが自由ということです。

  • 柵がなければつければいい。
  • 手すりがなければつければいい。
  • 屋根がなければつければいい。

ただそうしているうちに生活してて不便だなと思ったところにどんどん手を入れていきたくなります。
気がついたらツギハギだらけの家になってましたなんてことも(笑)

男性陣から見ると自分の基地っぽくていいという意見が多そうですが、女性目線からするともっと考え得て買えばよかったなんて意見もチラホラ。

ん?
なんの話してるんでしょうね(笑)
不動産屋の回し者ではありませんよ(^^;)

結局出費が増える

改めて言いますが、カスタムしだすと出費は青天井です。
DIYするにしても労力=お金と思った方がいいでしょう。
そして工具なんか揃えた日にはそれなりの出費になります。
バイクと同じですね。

戸建の購入当初に抑えようとしていた出費は、色々カスタムしはじめることで削った分の費用がかかってしまうなんてことも(笑)

バイクガレージがほしい

W650 展示
分譲マンションに関しては共用部と専有部に分かれており、駐輪場は共用部にあたるため使用料を支払って駐輪できます。

屋根付タイプ、屋内タイプなど色々ありますが不特定多数が出入りするため安心できない部分も。

その点、戸建に関しては間取りによっては目の届く範囲に駐輪できるので安心と言えば安心ですね。
しかしその場合屋根がなかったり直射日光が思いっきり当たったりする場所だとバイクの劣化が気になります。

戸建かマンションか。
その辺の考察は不動産屋に任せるとしましょう。

ぺけたろうは戸建なのでカスタムできるのですが、なるべく出費は抑えたい派です。
バイクガレージとかカーポートほしー!
でも、バイクのために専用のガレージやカーポートまで視野に入れるとなるとそれなりに値段が張りますし、なにより今の戸建にそんなカスタムしたら日当たりが格段に悪くなります。

ちなみに今回契約したW650は前オーナーがガレージ保管だったそうな。
たしかに2008年式にしては綺麗だし、そのガレージのために月2万円も出費していたとのこと。

てことは駐輪場じゃなくて完全にガレージですわ。
…出費抑えたいとか言ってていいのか自分?

いや、いーのだ!
ということで、納車直前のネットサーフィンで発見したものがありました!

めっちゃほしい!

オーニングとは

オーニング 庇 日除け 雨除け
知っていたけど名前は知らなかった。
君の名は!?って感じです。(言いたいだけ。)
クルクル回して庇(ひさし)が出てくるやつ。

正式名称はオーニング

オーニングとは英語で書くとAwning。
和訳で「日よけ」「雨よけ」だそうです。

用途としては外壁にそって設置して、日差しや雨を遮ることができるように調整します。
お店の窓口なんかでもたまに見かけますよね。

要は可動式テントです。
電動・手動があるようなのですが、これがあれば戸建住まいのぺけたろうでもW650を日差しや雨から守れる!

めっちゃ欲しい!
手軽そうな突っ張りタイプがいい。
買ったら報告します。

バイクの納車も免許取得もまだなので、先にオーニングだけあっても切ないですが(笑)

ただし、強風雨のときはテント部分を収納するか、オーニング自体を屋内に片付ける必要がありますね。

まとめ

大型免許も第二段階に差し掛かり、徐々にバイク納車が迫ってきているのですが、ワクワク感だけでこの1、2ヶ月が過ぎ去って行かないように準備していきたいと思います。
(お金も…笑)

ではまた!
BoonBoon┏(`ー´┏)~

この記事は私が書きました。

ぺけたろう(愛車:HONDA スーパーカブ110)

大学時代、バイクブロスという雑誌で一目惚れした「HONDA GB250クラブマン」を購入するも、車に左から突っ込まれ、人生初の人身事故&救急車そして廃車。現在はカブに乗りつつ、KAWASAKI W800の購入を目標としている。詳細なプロフィールはこちらから

この記事のシェアはこちらから。

SNSで最新情報をお届け!

この記事が気に入ったら
最新情報をお届けします。

関連するこちらの記事もどうぞ。